歯並びを治す歯列矯正にはいろいろな種類がある

ピースタイプ

矯正歯科は、以外と深く知られていませんが、矯正方法にも色々有り、大人や子供でも診療内容が異なってきます。得に、料金の違いは大幅に違ってくるところもあるので、どういうところで矯正を受診したら良いのか悩むところでもあります。
基本的な矯正歯科の選び方としては、矯正歯科の部門について経験が多い先生がいるかということです。最初の相談は、殆ど費用がかからない事が多いので、いろいろ質問しちゃんと診療してくれる先生を探します。
また、治療前に治療方法や料金などの具体的な説明をしてくれることです。矯正後も追加で料金が発生する旨など説明をしてくれる矯正歯科が良いです。
矯正歯科は費用はかかりますが、現在は歯医者専用のローンなど準備している医院もあり、クレジットカード払いもできるところが多くあります。矯正歯科では費用面でも相談にのってくれるので、不安に思わず、まずはご相談ください。

矯正歯科で、矯正が決まったら本格的な診療に移っていきます。
矯正歯科の最初は、精密検査から始まります。精密検査とは、口腔内レントゲン写真を撮り、歯の状態や顎の骨の状態など確認します。骨の状態などを確認後は、歯の歯茎の状態など口腔状態の検査をしていきます。その時に、歯型などの模型を作る作業をします。検査も終わり、模型も出来上がったら治療計画を立てていきます。
治療計画の流れの説明を受けます。全顎矯正が必要なのか部分矯正が必要なのかという、具体的な治療方法の説明を受け、この時に費用がどれだけ掛かるのかも分かります。
料金などにも納得ができたら、いざ矯正です。矯正する前に、歯磨きの指導が入り、矯正装置をつけます。一度矯正装置を付けた後は定期的な受診だけとなります。