歯並びを治す歯列矯正にはいろいろな種類がある

審美的に

虫歯になってしまったら、きちんと歯医者さんにみてもらいましょう。
虫歯の大きさが小さければ少し削って、歯と同じ色の材料で詰めるだけですが、神経まで虫歯が辿り着いてしまったら、神経の処置をしなくてはいけません。
この治療を「根管治療」といいます。
根管治療はとても時間が掛かる治療です。
歯に神経のあるところまで穴をあけ、何回かにわけて専用の道具で虫歯で溜まってしまったばい菌をとるお掃除をします。
その際に神経を取る瞬間があるのですが、とても痛いです。
麻酔をしていても、痛みがある場合は効かないので激痛になる人もいます。
そうならないためにも、虫歯にならないようにするのが一番ですが、虫歯かなと思ったらすぐに歯医者さんへ行きましょう。

根管治療は、実はとても大切な治療であり、一番神経を使う治療です。
まず、根管治療では、絶対に唾液を入れてはいけないのです。
お掃除をして綺麗で清潔な状態にならなければ、完治することはできません。
そのため、唾液が入ってしまったら治療はやり直しです。
一番メジャーな治療方法ですが、歯医者さんにとっては一番神経を使う治療です。
どんなに痛みがなくなっても、先生の判断でまだ完治という言葉をもらえない限り永遠にこの治療は続きます。
きちんと根管の中を綺麗にしないとまた再発してしまう可能性があるため、きちんと最後まで治療をしましょう。
根管治療はきちんとやることで、そのあとに行う治療のかぶせ物をしても長持ちします。
次の治療にもつながる大切な治療です。
きちんと治療してもらいましょう。