歯並びを治す歯列矯正にはいろいろな種類がある

一長一短

矯正歯科は、子供だけでなく大人の人も受診する人を見かけることがあります。矯正は、子どもと大人とでは矯正の方法に違いがあります。
子供の場合は、成長の過程で矯正を行う為、矯正の装置も取り外しのできる装置を使います。成長している歯の動きや骨の動きを診ながら矯正をしていきます。成長を利用する為、治療期間も大人に比べると長くなります。その代わり、抜歯をするリスクが回避できるので、子供の歯列矯正のメリットともいえます。
大人の場合、装置は取り外しができない固定されたもので行われます。成長も終えているので、キレイに矯正するために歯を抜歯して隙間を作って歯列矯正を行います。
年配の人も歯科矯正に通う人も多くいますが、それは歯周病で隙間が空いてしまった為に矯正して、歯並びを治していくのです。
矯正歯科へ行くことで、歯ブラシの仕方もちゃんと教えてくれるので、その後は歯ブラシができるようになり、虫歯や歯周病というトラブルが少なくなります。

矯正歯科で一番気になるのは、治療費です。治療費は、受診する歯科医院によってそれぞれ料金が違います。
料金に違いがある理由としては、自由診療ということもあり値段設定を歯科医院独自で決めることができるからです。料金が高いところは80万~100万円であり、安いところは40万~60万円くらいと幅があります。後は地域によっても値段が異なってきます。
比較的、都心部は料金が高めに設定されているところも多くあるので、矯正歯科を受診される場合は必ず、事前に矯正歯科の料金相場を確認するようにします。