歯並びを治す歯列矯正にはいろいろな種類がある

いろいろな種類

歯列矯正にはいくつか種類があり、患者それぞれの状態や希望などによって使い分けられます。また、矯正器具の素材によっても料金が変わってきますので、患者自信がその種類についてしっかり歯科医から説明を受けるべきです。

Read more »

メジャーな種類

歯列矯正を継続している方が装着している器具でよく見られるメジャーなものは、金属で作られたものです。これは歯の表側に装着して少しずつ歯の位置を動かす仕組みで、料金も比較的安く済ませることができます。

Read more »

審美的に

歯列矯正で使用する器具で気になるのは、その見た目です。メジャーな金属製のタイプではワイヤーが歯の表にしっかり出てしまうため目立ちますが、料金が高めの素材で工夫することによって極力目立たないようにすることもできます。

Read more »

矯正には種類がある

もともと歯並びが乱れていたり、噛み合わせが正常ではなかったりする場合、歯列矯正を受けてその並び方を正常に近づけていく施術を受けることがすすめられます。歯並びの悪さや噛み合わせの悪さには人それぞれにパターンや状態が異なり、1つの矯正方法だけでは全ての方の歯の状態を改善することは難しくなります。
そのため、その方1人1人の状態に合わせた矯正方法がその都度取られ、また矯正の施術にかかる予算なども考え合わせた上で最終的に治療方針が決定されます。まずは矯正歯科の診察を受け、自分の歯がどのような状態になっているか、またどのような治療を希望するかなどをきちんと歯科医と話し合う必要があるわけです。
いろいろな方のニーズに応えられるよう、歯列矯正にはいくつかの種類があります。

歯列矯正を受けるとき、一番ベストな状態に持っていけるための方法を取るのが一番です。しかし実際には、予算的に制限があったり、また審美的な観点からなるべく矯正器具が目立たない方法がよいなどといった希望が人それぞれにあるわけです。
その希望を聞き入れると矯正の効果が多少落ちることが予想されるからといって、最短の方法を歯科医が患者に強要することはできません。むしろ、そういった方法を強要するような歯科医には信頼が置けないため、その歯科での治療は避けるべきです。
患者1人1人の希望をきちんと聞き入れ、そこに発生する治療におけるリスクもきちんと説明して理解させた上で、患者も医師も双方に納得できる形で施術が行われるのが一番よい方法です。

高い技術

見た目が気になるという方のために、歯の裏側から矯正装置をつける歯列矯正もあります。これを取り扱うためには歯科医の高い技術が必要で、さらに器具自体も特殊であるため料金も若干高めになっています。内容などはよく確認しましょう。

Read more »

ピースタイプ

比較的軽度な治療の場合、ワイヤーとブラケットを使用した歯列矯正ではなく、歯にはめ込む形のマウスピースを使用することもあります。この場合、治療できる程度や装着の方法も細かい制限があるため、料金も含めよく相談しましょう。

Read more »

一長一短

様々にある歯列矯正の種類には、それぞれに一長一短があります。患者の状態に合わせて最適なものが選ばれるわけですが、装着時の違和感や発音のしにくさ、また料金の違いなどについてよく知った上で方法を決定するべきです。

Read more »

オススメリンク